華やかなWEB業界に転職して後悔してる人は?|2chの評価まとめ

私たちSIer業界で働くSEは、自社開発ができるWEB業界に対して華やかな印象を持っています。しかしながら、WEB業界に転職して後悔する人も少なくありません。

  • 「休日に勉強できる人でないと、新しい技術を学ぶのが辛い…」
  • 「個人の裁量が多くなった分、勤務時間は前職の1.5倍に増えた…」
  • 「仕事が忙しく勤務時間が増えたが、一方で給料は中々上がらない…」

華やかなイメージがあるWEB業界ですが、後悔している人もたくさんいます。

なぜならば、WEB業界は過度な競争社会で、新しい技術や知識をキャッチアップし続けるのが難しいからです。また、実力主義と聞くと聞こえはいいが、成果がシビアに見られ給料が増えない社員もたくさんいます。

会社の売上に直結できる社員は、トップ20%ですね。

WEB業界良いか、SIer業界が良いかで優劣を競う必要はないですね。私たちは、個人の志向や実現したいことに合わせて業界を選択する必要があります。WEB業界を選択するのであれば、デメリットを知った上で選択しましょう。

ここでは、実際にWEB業界に転職して後悔した人たちの声を紹介します。

WEB業界で働きたい人向け
  1. 自社開発や自社サービスは、実はリスクが高い
  2. SIerからWEB業界に転職して、後悔していることは?
  3. SIer業界よりも、WEB業界が向いている人は?

▼▼客先常駐からの転職に強い大手2社▼▼

  1. 高収入のWEB系に強いレバテックキャリア
  2. 社内SE・社内開発だけを専門に扱う社内SE転職ナビ

1番のお勧めは「社内SE転職ナビ」です。知名度も低く扱う求人数が少ないが、確実に客先常駐から脱出できるからです。私は客先常駐を脱出し、年収は4年で300→520万円まで増えました。

レバテックキャリア」は、高収入の案件だけを扱う経験者向けの転職サイトです。難易度は少し高いが、確実に年収アップを実現できます

現在、IT業界の転職有効求人は6.79倍です(レポート:2019年1月)。

しかし、2019年には1倍を下回る可能性が高いです景気サイクルは7年周期ですが、すでに2008年の金融危機から11年が経過したからです。米国株ではすでに不況の兆しがあり、アップル株はiPhoneの販売不振で大暴落(232→142ドル)しました。

私たちSEが好条件で転職できるのは今だけです。1度不景気に陥ると、企業は採用をストップするため、特別に優秀な人材以外は転職できなくなりますね。

自社開発や自社サービスはリスクが高い?

華やかな印象があるWEB業界ですが、SIer業界から転職して後悔する人も少なくありません。

Aさん)赤字続きで精神的に辛かった…

私も自社サービスを提供している会社で働いていました。Sier半分、自社サービス半分で運営している会社です。詳細は控えますが、BtoBのクラウドサービスで、ひとり月額400円程度の料金体系でした。営業15名、マーケティング3名、開発15名ほどで提供していましたが、私は精神的に辛くて辞めてしまいました…

何故かと言うと、3年以上赤字が続いたからです。私はエンジニアでしたので数字の面は気にしなくていい…そう思っていましたが、事業規模が小さいせいか、常に数字を意識していました。少ないコストで品質の高いシステムを提供し続けるには、強い信念と、必ず儲かると信じ続ける必要があります。残念ながら私は耐えられず、今ではSierでエンジニアを続けています。

私の場合、月額で稼ぐストック型のビジネスでしたが、一度にある程度売上げが発生するパッケージ等とはまた違うのかもしれません。ストック型のビジネスである程度利益のでている状態であれば、安定した仕事ができるのではと思います。

参考:自社パッケージは安定している?

客先常駐に不満を持ち、WEB系に転職するSEは多いですね。しかしながら、プレッシャーに耐えられずに、SIer系に戻る道を選択するSEもいます。

Bさん)自社サービスが安定するとは限らない…

自社サービスのある会社が安定しているとは限りません。そのサービスが、非常に需要があり、これからも伸びて行くのであれば、良いのかもしれないですが、売上がずっと横ばいだったり、もしくは少しずつ減ってきているのであれば、尚更かと思います。

今の時代、一時は人気が出ても、すぐに廃れる物やサービスが多いです。例えばmixiはSNSの先駆者ともいうべき存在だったと思いますが、今となってはFacebook、InstagramやTwitterなどに負けています。それと同じで、自社サービスも、いつ他社のサービスに取って代わられるか不安と考えるあなたの友人の気持ちもご察しします。

それ以外にも、その業界が不振でお客様の購買意欲が落ちるということもあります。私は前職で、電力業界向けの自社サービスを提供しておりました。他の会社には真似することができない技術を使ったシステムであったため、他社に取って代わられることはありませんでした。しかし、原子力発電所の問題で、業界自体にお金がなく、会社の売り上げも落ちて行きました

他の業界に向けたサービスは持ち合わせてなく、結果、会社の規模は縮小してしまいました。自社サービスの会社だから、派遣の会社だから、ソフトウェアハウスだからといったことは関係なく、会社として、しっかりとしたビジョンを持っているかどうかが重要かと思います。

参考:自社パッケージは安定している?

WEB系は流行サイクルが早過ぎるの難点です。次々に新しいサービスが生まれるため、働いている側は常に時間に追われています。苦労してヒット商品を生み出しても、すぐに他社に真似されるか、時代とともに廃れていきます。

Cさん)6ヶ月だけで1800万円の赤字になる…

規模次第ですが自社パッケージは基本的にハイリスクハイリターンですね。失敗したサービスは陽の目を浴びず、kyon様や世間が知らないだけなのです。なのでkyon様がそういうイメージを持っているのは自社サービスで『成功している会社は』すごく安定している」ということだと思います。

誰にも知られぬまま生まれて、そのまま閉鎖されていくサービスは、悲しいですがよくあることです。例えば5名チームの場合。人件費や会社負担のコストもろもろで平均60万だとして月300万掛かるとします。製品完成まで6ヶ月掛かるとします。1800万くらい赤字の純投資になります製品が完成したら売り子となる営業マンが必要になります。ハングリー精神旺盛のベンチャー企業の場合は製品完成後に事業責任者が販促活動を行うことも。販売代理店・営業代理店を使う場合は別途費用が発生してきます。

ITの場合、クラウド製品か売り切りソフトかで結構違ってきます。クラウド製品の場合、多くの場合で薄利多売です。よくみるのは月額数百円~数万円ですね。Web系の会社の多くはそういった製品が非常に多いように思えます。※もちろん例外もあり、年間数百万~数千万というクラウドサービスもあります。

月300万を支えるとなると、とんでもない数の課金ユーザーが必要になります。ただし支えることができる(すなわちサービスの成功をした)場合…あとは寝てても収益が立つので非常に高収益体質のサービスを生み出せたことになります。ただし非常に狭き門です。それっぽく軌道に乗ったようにみえるサービスはいっぱいあります。

でもそれだけじゃ事業的に安定しているとは言えないというサービスだらけです。その事業に参加しているメンバー達はもちろん自信を持って生み出したサービスかもしれませんが、成功するまでは非常に不安を抱えているものです。友人はまさにそんな状況なのかもしれません。

参考:自社パッケージは安定している?

SIer業界の受託開発では、SEの月単価は80万円です。自社のSE10人がプロジェクトに就くと、それだけで月800万円の売上が立ちます。自社製品やサービスでこれと同じ金額を安定して稼ぐのは難しいですよね。

ここでは、WEB業界の転職して後悔した人たちの意見を紹介します。

SIerからWEB業界に転職して後悔していることは?

2chなどの情報サイトを参考に、WEB系に転職して後悔した人の意見を紹介します。

参考:SierからWEB系に転職した人教えて下さい 転職して良かったですか?

後悔1:過度な競争社会で精神的に疲れた…

  • 休日も勉強に時間割けるような人でないと厳しく、勉強し続けることが辛い・疲れてしまうというタイプの人は続かない気がします。
  • イベントがやたら体育会系でたまについていけない
  • PG→SE→PMとかのキャリアプランが無いのでキャリアを自分でデザインする戦略性が必要
  • フレームワーク、ツールの進化が激しいため数年経つと陳腐化してレガシー化してしまい、キャッチアップし続けるのが大変

WEB業界は、私たちが考える以上に競争が激しいですね。

WEBと比較してSIer業界は、それほど競争が激しくありません。なぜならば、閉じた市場で特定のクライアントを相手にビジネスするからです。特定の顧客と長い付き合いがあり、ビジネスモデルを深く理解しています

そのため、他社が新規で参入するのは難しいですね。

後悔2:裁量権があるが個人の責任が重かった…

  • 裁量が広く要件定義・設計・実装まで一気通貫で1人に任せてもらえる(逆にこれが辛い人は向かない)
  • 裁量が多くなった分、勤務時間は前職の1.5倍ぐらいになった。定時で帰る日はほとんど無く終電ギリギリの日が多くなった。
  • 一人で任される案件も多く、個人が負う責任が重い

WEB業界の特徴として、実力ややる気がある人材であれば、20代でも責任ある仕事を任せてもらえます。しかしながら、裁量権が与えられるのは、良いことばかりではないですね。悪い意味で解釈すると、過度に個人に責任を押し付けられます。

その結果、労働時間が増え帰宅する時間が遅くなります。

後悔3:実力主義でなかなか給料が増えない…

  • 給与が減る(概ね業界的にSIerのが給与は高い傾向にある
  • 業界全体ではSIerほど給与がよくない
  • 勤務時間が長くなった一方で給料が下がって中々上がらない

年功序列のSIer業界と比較して、WEB業界は実力主義で給与が決まります。しかしながら、誰もが利益に直結する仕事ができるわけではないですね。どの会社でもそうですが、会社の売上に貢献できる社員はトップ20%だけです。

社内で他社員と差別化できなければ、給料は増えないですね。WEB業界はシビアに結果を見られるため、給与が上がらない人は上がりません。単純に高い給与を求めるのであれば、SIer業界の方が平均年収は高いです。

後悔4:責任が増え勤務時間が大幅に増えた…

  • 裁量が多くなった分、勤務時間は前職の1.5倍ぐらいになった。定時で帰る日はほとんど無く終電ギリギリの日が多くなった。
  • 帰宅時間が遅くなる(ただしSIerも時間拘束がつらい所はたくさんあるので一概に言えませんが
  • ワーカーホリック気味の人が多く、休みは取りにくいため、仕事主体の生活になりやすい
  • ただ、Web業界はワーカーホリック気味の人も多く、休みは取りにくいです。定時で帰れるなんてことはほぼないですし、休日の稼動もバンバンあります。(Web制作企業は渡り歩いているわけではないので、業界全体的な面は分かりませんが)

自社開発は納期がないため、毎日定時に帰宅できると語るSEもいます。しかしながら、毎日定時で帰宅できて、高収益を上げている企業は全体の一部ですね。

スタートアップやベンチャーが多いWEB業界は、労働環境が劣悪な企業も多いです。なぜならば、設立間もないWEB業界は、労働組合や36協定がないからです赤字経営の企業もあり、SIer業界の客先常駐以上に劣悪な環境も少なくありません。

企業を見分ける際には、ブラックを避けて会社を選びましょう。

後悔5:システム障害で週末に対応することも…

  • エンジニアとしての自分の成長にはかなりプラスになります。しかしその一方で、障害やサービスリニューアルなどで激務が続く時期がどうしてもあるので、そういったものが向かない人には向いてないと思います。
  • 夜間や休日のトラブル対応に駆り出される

WEB業界のクライアントは、24時間アプリやサービスを利用するエンドユーザです。そのため、障害が発生したら、会社に駆けつける必要があります。SIer業界と違い、少数精鋭でチームを組むため、障害対応を他社に委託するのは難しいですね。

後悔6:社内の教育体制が全く整っていない…

  • 新しく入った人間に対する教育体制が全くといっていいほど整ってない
  • ↑そのためいろいろな面で放置される傾向にあり(テメェのことはテメェでしろよ姿勢)、特に新卒なんかはビジネスマナーなんかを教育してもらえず可哀想な場面も多々…

WEB業界は資金に余裕がないベンチャー多く、採用や教育コストに投資する余裕はありません。そのため、数ヶ月の社内研修を設ける企業は稀で、即戦力を求める傾向が強いです教育体制が弱いことに不満を持つSEもいます。

SIer業界で3ヶ月の社内研修があるのは、社員を外部に出向させるだけで報酬を得られるからですね。最低限のプログラミングスキルがなければ、社外に派遣させることも難しいですね

後悔7:思ったより有給休暇が取りにくい…

  • 社員全員がワーカホリック気味で有給が取りづらい
  • ワーカーホリック気味の人が多く、休みは取りにくいため、仕事主体の生活になりやすい
  • Web業界はワーカーホリック気味の人も多く、休みは取りにくいです。定時で帰れるなんてことはほぼないですし、休日の稼動もバンバンあります

私たちSIer業界の人間は、納期がない自社開発ならば有給が取りやすいと考えます。しかしながら、ベンチャーが多いWEB業界は、ワーカホリックの社員も多いです職場によっては、有給を取れない、育児休暇が取れないと不満を嘆くSEもいます。

また、社外へ情報発信するために、頻繁に飲み会やイベントを主催する会社もあります。会社を選ぶ際には、体育会系の社員が少ない会社を選びましょう。

以上のように、WEB業界を選択して後悔する人も少なくありません。WEB業界を選択する際には、しっかりとデメリットにも目を向けた上で選択しましょう。では、SIer業界よりも、WEB業界が向いている人はどのような人物でしょうか。

SIer業界よりも、WEB業界が向いている人は?

WEB業界が向いている人は...
  1. 規則が厳しいSIer系よりも、自由度が高い社風で働きたい人
  2. 将来性や安定よりも、新しい事にチャレンジしたい人
  3. SEの能力を、短期間で大きく伸ばしたい人
  4. 年齢が若いうちから、責任あるポジションで働きたい人
  5. 会議やドキュメント作成よりも、モノづくりに集中したい人
  6. ゼネラリストよりも、スペシャリストを目指したい人

安定よりも、新しい事に挑戦したい人はWEB業界に向いていますね。逆に、挑戦よりも安定志向が強い人、スペシャリストよりも管理などのマネジメント志向が強い人も向いていません。

また、SIer業界や客先常駐の不満が動機で、WEB業界に転職したい人も失敗しますね。なぜならば、やりたい事の軸がないからです

急激なテクノロジーの進化で、私たちはかつてないほど変化が激しい社会を生きています私たちが変化に適応できる人材になることが、生活を安定させる1番の近道ですね。そのためには、優秀なSEに成長することが求められています。

公務員や上場企業に就職しても、安心とは言えません。10年後の未来は、誰にも想像できないからです。競争が激しいWEB業界に転職すれば、短期間で大きく成長することができますねただし、WEB業界は万人向けする働き方ではないため、しっかりとデメリットについても知る必要があります。

デメリットを把握した上で、WEB業界を目指しましょう。

ここでは、ブラックを避けてWEB業界で働く方法を紹介します。

ブラックを避けてWEB業界に就職する方法は?

WEB業界は設立間もないスタートアップも多く、Sier以上に劣悪な労働環境の職場も多いです。確実にブラックを避けるには、テクニックや知識も必要になります。では、具体的にはどのような知識が必要なのでしょうか。

  1. ポートフォリオやオリジナルアプリを製作してアピールする
  2. 業界や企業研究を行い、優良企業とブラックを見分ける目を持つ
  3. プログラミングスクール経由で、WEB系の自社開発に就職する
  4. WEB業界に特化した、信頼できる転職エージェントを利用する

方法1:ポートフォリオを作成する

ポートフォリオの効果は...
  1. スキルが認められれば、より労働条件が良い会社に就職できる
  2. 優良ベンチャーからも、内定を得られる確率が高くなる
  3. 意欲がある人材だと判断され、実務経験がなくても採用される
  4. 1度成果物を作れば、転職活動で何度も使える
  5. 必要な環境構築、新しい機能追加など、現場に必要なスキルがある
  6. 自発的に行動して、問題解決できる人材だと証明できる

実力主義のWEB業界で、より条件が良い企業に就職したいならば、ポートフォリオやオリジナルの成果物を作成するべきです。ポテンシャルが高い、意欲が高い人材だと判断されるため、採用担当者から高い評価を得られます。

現実問題として、Rubyを勉強しています」と語るだけでは、何も説得力がないですよね。自分で勉強できる環境は揃っているので、具体的なアウトプットがなければ評価されません。特にWEB業界は、自発的に行動できるSEを求めています。

採用ハードルが高い企業ほど、応募者にソースコードの提出を求める企業が増えています。時間に余裕がある人は、ポートフォリオの作成を考えてみましょう。

参考:WEB業界の就職にポートフォリオは必須?|自己紹介サイトの作り方

方法2:スクール経由で自社開発系に就職する

スクールを利用する利点は...
  1. 実践的なスキルを習得でき、2〜3ヶ月でオリジナルアプリを製作できる
  2. オリジナルアプリやWEBサイトのURLを履歴書に貼り、優良企業にアピールできる
  3. 転職支援が付き、無料で利用できるスクールがある
  4. スクールの提携先は、WEB系の自社開発会社が多い
  5. 日中から通うことができ、他の通学生と共同でシステム開発ができるスクール
  6. 会社員でも就職できるように、夜間に対応しているスクールもある

プログラミングスクール経由で就職することでもブラックを避けられます。なぜならば、受講期間中にオリジナルアプリを製作し、より条件が良い会社を狙えるからです

また、スクールが提携する先は、WEB系の自社開発が多いです。完成度が高いアプリを製作できれば、優良企業からも内定を得られる確率が高くなりますね。WEB系の自社開発に就職するために、経験者でも利用するSEも増えています。

参考:【WEB業界・自社開発】にお勧めのプログラミングスクール3校は?

方法3:WEB専門のエージェントを利用する

レバテックキャリア の利点は...
  1. 客先常駐から、WEB系の自社開発に転職できる
  2. 大幅な年収アップが狙える、唯一の転職サービス
  3. 技術レベルで話が通じる、キャリアエージェントが担当してくれる
  4. 企業ごとに経歴書・面接対策してくれるため、通過率が高い
  5. 優良企業にレバテックの社員がいるため、WEB系の内部事情に詳しい
  6. 最大で、年収320万円アップの転職実績がある
  7. 内定獲得後に、無料でプログラミングのオンライン学習できる

確実にブラックを避けたいならば、レバテックキャリア を利用するべきです。なぜならば、レバテックキャリア はWEB業界に特化したエージェントで、リクナビやDODAなどの大手転職サイトと比較して、扱う求人の質が高いからです。

レバテックキャリア の最大の強みは、大手IT企業が運営していることです。2018年にはGreat Place To Work(R) Institute Japanが発表した働きがいのある会社」ランキングで「ベストカンパニー」を受賞するほど、注目されている企業ですね。

ただし、求人の質が高い反面、プログラミング未経験者は断られる可能性があります。レバテックが案件を紹介してくれたら、確実にブラックを避けられます。現在の自分のスキルで、利用できるかだけでも試してみましょう。

参考:【レバテックキャリアの評価 】本当にWEB系の自社開発に転職できる?

▼▼退職後の転職活動は絶対に辞めましょう▼▼

IT業界で働いていると、次の就職先を決める前に会社を辞める人が少なくありません。毎日のスケジュールや納期に追われ、将来を考えるのが億劫になり、衝動的に逃げ出したくなるからです。

離職期間がある転職は、100%の確率でブラックに入社します。私は突発的に会社を辞めてしまい、次の職場が見つかるまで6ヶ月間の無職生活を経験しました。その後の就職先もブラックで、再び苦しめられました。

だからこそ、内定を獲得する前の退職は絶対にお勧めできません。

ブラックに就職する理由は...
  1. 働いていない期間は、企業から見たらマイナス要素しかない
  2. 問題がある人材と見なされ、ブラック以外で書類選考を通過できない
  3. 足元を見られるため、3年以上の経験でも1年目と同じ給与条件で掲示される
  4. 離職期間中の資格取得、スキルアップは一切評価されない
  5. 生活費を切り崩して生活するため、精神的に不安定になる

在職していれば、条件が良い企業から内定を得られなければ、転職しない選択肢をいつでも取れます。必要なスキルを習得して、1年後に再び就職活動に臨む事もできますね。

離職すると時間的な制限が生じます。離職期間が延びるほど、金銭面でも条件面でも不利になるので、事前にブラックだとわかっても就職せざる負えません。優良企業や普通のIT企業は、離職期間がある人材は書類選考で落とします

まとめ:WEB業界に転職して後悔している人は?

WEB業界に転職して後悔している人は...
  1. 過度な競争社会で、技術や知識をキャッチアップし続けるのが大変
  2. 裁量権はあるが、個人の課せられる責任が重い
  3. 実力主義で、売上に貢献できない人は給料が増えない
  4. 個人の責任が増え、勤務時間が前職よりも増えた
  5. システム障害で、深夜や週末に対応することもある
  6. 教育コストに掛ける余裕がなく、社内の教育体制が整っていない
  7. ワーカホリックが多く、期待するよりも有給休暇が取りにくい

華やかなイメージがあるWEB業界ですが、後悔している人もたくさんいます。なぜならば、WEB業界は過度な競争社会で、新しい技術や知識をキャッチアップし続けるのが難しいからです。また、実力主義と聞くと聞こえはいいが、成果がシビアに見られ給料が増えない社員もたくさんいますね。

会社の売上に直結できる社員は、トップ20%だけです。

WEB業界良いか、SIer業界が良いかで優劣を競う必要はないですね。私たちは、個人の志向や実現したいことに合わせて業界を選択する必要があります。WEB業界を選択するのであれば、デメリットを知った上で選択しましょう。

1日でも早く行動に移した方が良い理由

現在IT業界は、書類を送付すれば誰でも選考を突破できるほど景気が良い時期です。DODAによると、IT業界の転職倍率は6.79倍を超えます。業界全体の倍率は2.49倍なので、他業種の3倍も求人が余っています

参考:転職求人倍率レポート(2018年4月)

しかしながら、この状況が続くのは長くても2019年までと言われています。その理由は、8年周期で発生する不景気が引き金になり、再び金融危機が発生するからです。

金融危機の影響で2008年10月28日に6,994円を付けた株価は、2018年12月に最高値の24,270円まで回復しました。現在は一時19,155円(12月25日)まで落ち込みましたね。

アメリカと中国の緊張が高まり、年明けからはいつ米ダウ平均が暴落してもおかしくない状況が続いています。アップル株はiPhoneの販売不振で一時大暴落(232→142ドル)しました。

再び金融危機が発生すると、求人倍率は1倍を下回ります。落ちるときは、徐々に落ちるのではなく2〜3ヶ月の間で急激に落ちますね。そうなると、2008年の金融危機と同じ事が再び起こりますね。

有効求人倍率が1倍を下回ると...
  1. 求人数が激減し、転職したくてもできない
  2. 社内開発ができる良案件は、優秀なSEだけが獲得できる
  3. プロジェクトの延期や縮小が相次ぎ、労働者が市場に溢れる
  4. スキルがない人材は、リストラや派遣切りにあう
  5. 人員削減で少ない作業者で現場を回すため、労働時間が増える
  6. 転職の機会を失い、次の5年間も同じ会社で働く
  7. 人件費が安い外国人を採用する企業が増え、海外でシステムを開発する
  8. クライアント先には、中国人、インド人、ベトナム人、フィリピン人が増える
  9. 日本人SEは、国内で開発経験を積めない

業界が深刻な人材不足に陥っているいま現在は、確実に好条件で転職できる時期です。この時期を逃したら、優秀なSE以外は転職したくてもできなくなります。

2019年度までに内定を獲得するためにも、いますぐに行動に移す必要があります。労働条件が良い企業ほど、すぐに応募枠が埋まります。

転職活動で必要なもの

転職活動を開始するに当たって、私たちが必要な準備は何もありませんまた、私たちは全てのサービスを無料で利用できます。途中で就職を辞退しても、罰金なども一切ありません。

履歴書や職務経歴書の準備は、キャリアコンサルタントと面談し転職の意思を固めた後で必要になります。面談することで進みたい方向性が決まり、その段階で具体的な準備を始めた方が手戻りが少ないですね。

社内SE転職ナビを利用すると、確実に客先常駐から脱出できます社内SEと社内開発の案件だけを扱うのは、社内SE転職ナビだけの特徴です。

登録から面談までの流れ
  1. 公式サイトから会員登録する(氏名や住所など1分程度)
  2. 担当者からメールか電話があり、面談日を指定する(平日夜や週末可)
  3. 40分のキャリア面談は電話でも対応してる(面談場所は千代田区の麹町駅)

キャリア面談後には、希望する条件の企業を20社紹介してくれます。紹介される案件の応募条件をじっくりと読むと、好条件の案件が多くて驚きます。

もちろん、働きたい企業がなければ、無理に応募する必要はありません売り手市場の現在は、私たちSEが企業を選ぶ立場にありますね。

キャリア面談は、私たちに新しい出会いの場を提供してくれます。就職活動を始める事で、たくさんの企業と出会う機会がありますね。また、転職活動は私たちの内面と向き合い、本当にやりたい仕事を見出すためでもあります。

そして、新しい人生の再スタート切る事ができますね。

私は客先常駐を辞めて、新しい道を歩み始めた事で、大きく生涯収入を増やすことに成功しました。そして、夢だった海外就職も実現できました。単なるキャリアチェンジと考えるのではなく、人生を大きく変えるための最初の一歩と考えましょう

このまま客先常駐を続けても、状況が良くなることは絶対にありません。なぜならば、今後付加価値が低い仕事は、外国人か人工知能に代替されるからです。

常駐SEを続けていると、1年の昇給額は10万円にも満たないですね。昇給がある普通の企業に就職すると、賞与も含めて1年間で30〜50万円の昇給があります。5年経過すると、200万円(300→500万円)の年収格差が生まれます。

10年経過すれば、生涯収入は2000万円ですね。

今は景気が良い時期なので、好条件で転職しやすい時期です。将来動く予定があるならば、景気が上向いている今行動した方が良いですね2019年以降では、手遅れになる可能性の方が高いです。

登録に必要な項目は少ないので、通勤中にスマホからでも簡単に面談を予約できます。

会員登録と面談の日程調整、それから面談が完了するまでの工程は、全部で1時間も掛かりません後からキャンセルもできるので、今のうちに登録だけでも済ませましょう。

公式サイト:IT・Web業界での転職なら【レバテックキャリア】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です