【WEB業界・自社開発】にお勧めのプログラミングスクール3校は?

プログラミングスクールを利用して、自社開発に就職したいと考える人が増えていますね。しかしながら、スクールを利用すれば本当に就職できるのか、疑問を感じている人がたくさんいます。

  1. 「スクールを利用すると、本当にIT企業へ就職できるの…」
  2. 「無料スクールを利用すると、ブラックが多いと聞いたけれど…」
  3. 「スクールで学ぶか、それともSESに就職して経験を積むべきか…」

自社開発に就職したいなら、私たちはスクールを利用するべきです。

なぜならば、スクールではオリジナルアプリを製作し、それを武器に優良企業にアピールできるからです。自社開発が多いWEB系は、独自の成果物やソースコードの開示を求める企業が増えています。そのため、具体的な成果物なしに就職活動しても、内定を得られません。

スクールを利用すれば、オリジナルアプリのサポートをしてくれます。

ただし、私たちは利用する上で注意が必要です。なぜならば、スクールを利用したからと、客先常駐(SES)を避けられる保証はないからです。無料スクールを利用しても、ブラックに入社する人が多いのも事実です

私たちが確実にブラックを避けるには、レベルが高いスキルを習得する以外で道はないですね。ここでは、自社開発を目指す人がスクールを利用すべき理由と、お勧めのスクール3校を紹介します。

自社開発で働きたいSE向け
  1. プログラミングスクールは、本当に短期間で効果があるの?
  2. 自社開発を目指すならば、スクールを利用すべき3つの理由は?
  3. 自社開発したい人向けに、お勧めできるスクール3校は?

▼▼客先常駐からの転職に強い大手2社▼▼

  1. 高収入のWEB系に強いレバテックキャリア
  2. 社内SE・社内開発だけを専門に扱う社内SE転職ナビ

1番のお勧めは「社内SE転職ナビ」です。知名度も低く扱う求人数が少ないが、確実に客先常駐から脱出できるからです。私は客先常駐を脱出し、年収は4年で300→520万円まで増えました。

レバテックキャリア」は、高収入の案件だけを扱う経験者向けの転職サイトです。難易度は少し高いが、確実に年収アップを実現できます

現在、IT業界の転職有効求人は6.79倍です(レポート:2019年1月)。

しかし、2019年には1倍を下回る可能性が高いです景気サイクルは7年周期ですが、すでに2008年の金融危機から11年が経過したからです。米国株ではすでに不況の兆しがあり、アップル株はiPhoneの販売不振で大暴落(232→142ドル)しました。

私たちSEが好条件で転職できるのは今だけです。1度不景気に陥ると、企業は採用をストップするため、特別に優秀な人材以外は転職できなくなりますね。

プログラミングスクールは本当に効果があるの?

プログラミングスクールを利用して、自社開発に就職したいと考える人が増えていますね。しかしながら、スクールを利用すれば本当に就職できるのでしょうか?

Aさん)スクールでは自社開発への就職が難しい…

IT業界の仕事に転職したいです。高卒男23一人暮らしです。今のままでは将来が不安なので、今のうちに手に職をつけ、定年まで働ける仕事に就きたく、興味のあるIT系に転職したいです

私なりに調べたのですが転職で気をつける事はネットワーク監視保守運用、SES(派遣)、SIer(?)は避け、自社開発、運用をしている会社に就く事が将来性があり給与休暇、スキルアップ等に繋がると感じました。この認識で合っていますか??

また転職サイトでも自社開発は、当然ですが、経験者や知識ある短大以上の人を求めている事が多く私では応募資格すらないです。経験、学歴に関しては今の私ではどうしようもありませんが、知識については、将来を見据えて、アルバイトをしながらプログラミングスクールに通うという手段も考えていますが、スクールの知識では就職が難しいという意見もあります。

スクールでは知識は詰め込めないのでしょうか??またスクールに通うお金と時間があるのなら派遣でネットワーク保守運用などをしている方がステップアップは早いでしょうか??

ネットで沢山の意見を見てきましたが、そもそも私のような人にこの業界は向いていないのではないかと不安になっています…背中を押していただきたい気持ちもありますが現実的な意見もお聞かせください。

参考:Yahoo知恵袋

1社目で自社開発できるIT企業に就職するのは難しいです。なぜならば、自社開発は即戦力を求める傾向があるからです。

また、客先常駐(派遣)でネットワークや運用保守を経験する方法はお勧めできません。なぜならば、運用保守から開発へステップアップする道はないからです。スクールを利用しても、実戦経験を積めない上に、基本的な基礎知識しか学べません。

しかしながら、スクールではオリジナルアプリを製作します。そのオリジナルアプリを武器に、自社開発にアピールする方が可能性は高いです。もちろん、アプリの完成度が低ければ、自社開発やホワイトから内定を得るのは難しいですね

客先常駐(SES)はブラックですが、SIer業界にもホワイトはあります。

参考:自社開発のホワイト企業の見分け方は?|実はブラック率は6〜8割

Bさん)無料スクールだとブラックが多い…

プログラミングのスクールに通いたいと思っています。

ですが、有料と無料のスクールがあるみたいで、どちらを選べばいいのか悩んでいます。就職したいと思っています。ネットで調べてみても意見が様々で、無料はブラック?企業に紹介されるとか、有料でも未経験ではいい就職先は、見つからないとか…自分としては、無料だと怖く感じています

プログラミングの経験は、まったくないので独学だとわからないとき挫折してしまう、直接教わる方が、身に付けやすいと思っています。スクールに行ったことがある方やit企業への就職に詳しい方に答えていただけると嬉しいです!

参考:Yahoo知恵袋

有料と無料スクールでは、どちらを選択しても大きな違いはありません。なぜならば、どちらもカリキュラムが同じだからですどのスクールを選択しても、基礎知識の習得、オリジナルアプリの製作、転職サポートがあります。

無料でも運営が成り立つのは、スクールはIT企業から紹介料を得ているからです。短期間でどれだけスキルが習得できるかは、スクールの質ではなくレッスンを受講する私たち自身にありますね。そして、就職先のIT企業を選ぶのも私たち自身ですね。

つまり、ブラックに就職するかどうかは私たち次第です。スクールの提携先は、もちろんブラックもいくつか含まれています。

また、短期間で効率よく学ぶならば、独学よりもスクールを選択する以外に道はありません。しかしながら、スクールを利用しても挫折する人は多いです無料を理由に何となく通学を始める会社員やフリーターが多いからです。

Cさん)スクール卒業後に会社を選ぶ基準は…

IT業界プログラマ、SE志望で転職活動中です。私は現在30歳で業界実務未経験、学生時に学んだ経験もありません。まずは業務システム開発を想定し言語はJavaやSQLをメインに二ヶ月程度スクール等で習得中です。

転職活動はかなり厳しいものになると思っていましたが、多くの企業に応募したのと全体の求人が好調なのも手伝って予想よりも多くの内定を貰えそうな状況ですそのためどの企業にお世話になろうか判断が難しくなってしまいました。

私の現状の能力も考慮し特に業界の方からのアドバイスをいただきたいです。どちらかというと主観が強くてもいいので具体的な意見が欲しいです。一応現在悩んでるポイントはこんな感じですがこれに答える形でなくてもいいです。

初年度年収予想は300~350万程、初年度は収入よりもその他を重視しようとの思っているのですが最初の提示額が高いほうがやはり伸びしろもあるのか、能力次第ではあると思いますが業界の査定方式がよくわからないので。

②入社後の研修が充実していそうなところを選んだのですが、1~3ヶ月は実務ではなくプログラミング等の研修を受けられるようなところとOJTで学んでいくところと、どちらがいいのか。

自社開発メイン、出向メインと会社の規模が5人のところから数千人のところまであるのですがどのような環境がいいのか、違いはあるのか。

AI開発案件に力を入れ始めてる企業が多くみられたがやはり今後そちらにシフトできるほうがいいのか、難易度はどうなのか。

⑤プログラマとして活躍したい気持ちはあるが私の年齢やオフショア開発の躍進からくる日本人プログラマ需要減少(結果単価も下がる)を考えると早く上流やマネジメント職を目指しやすい環境の会社がいいのか。

ざっとこんな感じです。的はずれなことを言っているものもあるかもしれませんが、たくさんご意見いただきたいです。

参考:Yahoo知恵袋

現在IT業界は、有効求人倍率が6.79倍を超えるほど深刻な人材不足です。そのため、スクールで基礎知識を学んだだけの人材でも、需要は高いですね。ただし、自社開発やホワイトに就職できるかは、その人材のポテンシャルや能力次第ですね。

業界未経験で就職して、年収が300〜350万円であれば十分に高い方です。基本的に、年収は過去の職務経験と所有するスキルの需要で決まりますね。入社後のプログラミング研修は、スクールと同じ内容です。1日も早く実務経験を積める会社を選びましょう。

人数が少なくても、社内開発メインの会社に就職すべきです。なぜならば、客先常駐は派遣と変わらず、スキルを積めるかも不透明だからです。

人工知能やクラウドなど最新技術が流行っているが、まずは開発経験を積むことを考えましょう。開発経験さえしっかりと積めば、その後のキャリア形成はいくらでも可能だからです。オフショア開発の道を進めるし、マネジメントやスペシャリストどちらの道も可能です。

未経験者に大切なのは、開発できる環境で経験を積むことですね

以上のように、卒業後の進路が心配で、スクールの利用に悩む人は多いですよね。では、なぜ自社開発を目指すならば、スクールを利用した方が良いのでしょうか。

自社開発を目指すならスクールを利用すべき理由は?

SIer業界であれば、プログラミング未経験でも就職できます。なぜならば、入社後に3ヶ月間のプログラミング研修があります。しかしながら、自社開発を目指すならスクールを利用するべきです。

なぜならば、自社開発は社内研修がない企業が多いからです。

理由1:基礎スキルがないと採用されない

自社開発は、プログラミングの基礎スキルがないと採用されません。なぜならば、自社開発が多いWEB系は即戦力を求める会社が多いからです。

WEB系は設立して5年も経たないベンチャーが多いですね。資金力がないベンチャーは、採用や教育コストに投資する余裕がありませんそのため、プログラミング経験がある人材を求めます。

また、たとえ独学でもプログラミングを学んだ経験がない人が、自社開発で働くのは難しいですね。SIer系と違い、常駐先に出向すれば売上が発生するわけではないからです。

理由2:アプリやソースコードなど提出が求められる

WEB系の自社開発では、採用面接でオリジナルアプリやソースコードの提出を求める企業が増えています。なぜならば、クラウドやGithubのおかげで、成果物を簡単に公開しやすい環境があるからです。

労働条件が良い企業に行くほど、提出を求められる機会が増えます。

応募者のソースコードを見ずに採用するほど、リスクが高いことはありません。自己PRや志望動機に耳を傾けるのは大事ですが、論理的思考能力や頭の良し悪しは、ソースコードを見ればすぐにわかります

開発経験が浅いSEが、独学だけでオリジナルアプリを製作するのは少しハードルが高いですね。スクールを利用することで、製作やクラウドに公開する方法をサポートしてくれます。また、他の受講生の成果物も見れるので学べる事が多いです。

理由3:スクールの提携先は自社開発が多い

スクールの提携先は、WEB系の自社開発が多いです。

なぜならば、無料スクールの仕組みは、資金に余裕がないベンチャーが、社内研修をアウトソースするために作られたからです。すでに基礎知識がある人材を採用できるため、企業からみても大きなメリットですね。

「プロエンジニア」が提携するIT企業は、3500社以上あります。プロエンジニアが紹介してくれる企業の多くは、WEB系の自社開発ですねそのため、高い確率で自社開発に就職できます。

スクールを利用する上での注意点は?

WEB系に転職したい人向け
  1. 基礎知識を学ぶだけでは、条件が悪い会社に就職する
  2. 基礎知識を学ぶ上に、オリジナルアプリを製作するのは難しい
  3. 提携先の企業は、客先常駐だけのブラックもある
  4. スクールを利用しても、途中で挫折する人も多い
  5. 3ヶ月間、本業の仕事とスクールを両立するのが難しい

プログラミングスクールに通学しても、条件が良い企業に就職できる保証はありません。運が悪ければ、客先常駐だけのブラックに入社する可能性もあります。

なぜならば、スクールでは実戦経験を積む事ができず、基礎知識の習得がメインだからです。完成度の高いアプリを製作できれば、優良企業から内定を得られるチャンスもあるが、未経験者には高いハードルですよね。

会社員向けに夜間も運営するスクールもあるが、本業の仕事と両立するのは簡単ではないですね。有料無料に関わらず、多くの人が途中で挫折します。

それでも、自社開発を目指すのであれば、スクール経由での就職をお勧めします。なぜならば、実務経験を積むためにとSESを選ぶ人が多いが、派遣では開発経験が積めないからです。保守運用や評価でいくら経験を積んでも、自社開発にステップアップする道はありません

ITドカタとシステムエンジニアは、もともと違う職種ですね。

自社開発で働くのであれば、確実に開発経験を積む必要があります。ここでは、自社開発で働きたい人向けにプログラミングスクールを紹介します。

自社開発向けのプログラミングスクール3校は?

自社開発で働きたい人に、お勧めのプログラミングスクールを紹介します。スクールを選ぶ際には、オリジナルアプリを製作することを前提に選択しましょう。

1位:完全無料で利用できる「プロエンジニア」

人気コース Java・PHPプログラミング研修(実践型60日)
受講後のスキル Javaを用いて簡単なWEBサイトをひとりで制作できるレベル。製作したアプリを武器にIT企業へアピールできる。
学べる技術
  1. デザインの装飾(HTML/CSS)
  2. 動的なサイト制作技術(JavaScriptjQuery)
  3. WEBサイトの制作(PHP/MySQL)
  4. 仕様書、設計書の読み方、テスト項目の作り方

60日間のレッスン後に就職活動を開始する

授業形式
  1. テキスト形式よりもプログラミングの実践作業が中心
  2. 5人で開発チームを組み、ECサイトやアプリを製作する
  3. オンライン教材(動画、資料)で予習、復習ができる
利用対象者
  1. Java・PHPを習得しWebエンジニアになりたい人
  2. プログラミングを無料で習得したい20代
  3. 3500社の提携先から、確実にIT企業に就職したい人
  4. 都内(半蔵門・池尻)に通学できる関東在住者
  5. 通学制、チームでシステム開発をしたい人
費用
  1. 平日5日間コース、無料
  2. 週3夜(月水金)コース、無料
  3. 個別研修コース、無料
デメリット
  1. 対象者は、関東在住の30歳未満のみ
  2. オンラインは、個別研修のみ対応
  3. 少人数制(30人)のため、すぐに定員が埋まる
メリット
  1. 入学金、授業料、転職支援全て無料で利用できる
  2. 途中で挫折、離脱しても罰金などペナルティはない
  3. 卒業後の就職先の企業は、3500社もある
  4. 96%の確率で、正社員に就業できる
  5. 有給インターン(ソーシャルアプリ開発する企業)が体験できる
  6. チーム(5人)でシステム開発が体験できる
無料コース 20代は無料で受講できる
受講場所
  1. 半蔵門研修センター:東京都千代田区三番町1-1
  2. 池尻 研修センター:東京都世田谷区三宿1-8-19
  3. 霞が関本社:東京都千代田区霞が関3-6-15
無料体験面談 無料で体験レッスンに参加できる

公式サイト:【完全無料プログラミング研修&就活塾】

プロエンジニアは、すべの利用者が無料で利用できるスクールです。プログラミング未経験者以外でも、自社開発に就職するために利用する経験者もいます。

  1. 入学金、授業料、転職支援が全て無料で利用できる
  2. 途中で挫折、離脱しても罰金などペナルティはない
  3. 卒業後の就職先の企業は、3500社もある
  4. 96%の確率で、正社員に就業できる
  5. 有給インターン(ソーシャルアプリ開発する企業)が体験できる
  6. チーム(5人)でシステム開発が体験できる

プロエンジニアの最大の特徴は、無料にも関わらず提携先のIT企業が3500社ある事です。提携先の企業は、WEB系の自社開発が多いです。そのため、高いスキルを習得できた人は、自社開発へと転職します。

評価:【プロエンジニアの評価】未経験からスキルを習得しブラックを避ける

2位:経験者向けにレベルが高い「テックエキスパート」

人気コース 転職コース(2ヶ月半〜6ヶ月)
受講後のスキル Rubyを用いて簡単なWEBサイトをひとりで制作できるレベル。製作したアプリを武器に、優良企業にアピールできる。
学べる技術
  1. AWS(アマゾンウェブサービスとコマンドライン)
  2. フロントサイドの技術(HTML/CSS/JavaScript)
  3. サーバーサイドの技術(Ruby/Ruby on Rails)
  4. 設計、開発、インフラ構築、運用も学べる
  5. チームでシステムを開発する

トータル学習時間は500時間

授業形式
  1. 毎日教室(9:00-22:00)を利用できる
  2. オンラインで講師に技術的な質問ができる
  3. オンライン上にあるテキストや動画で学習を進める
  4. 受講生同士でチームを組みシステムを開発する
利用対象者
  1. レッスン受講後にIT企業で働ける人
  2. 渋谷校、梅田校、名古屋校に毎日通学できる人
  3. 夜間に対応しているため、社会人も利用可能
  4. 30代でも転職保証が利用できる
料金
  • 転職コース:598,000円(月額29,000〜)
  • 短期集中:2ヶ月半
  • 夜間休日:6ヶ月
  • オンライン:4ヶ月
デメリット
  1. 転職保証を受けるために、期間内に課題を完了する必要がある
  2. 転職保証は、渋谷校、梅田校、名古屋校に通学できる人のみ
  3. 入校前に選考がある為、30代は職歴を理由に落とされるかも
  4. オンラインコースを選択すると転職サポートがない
メリット
  1. 優良Web系企業に就職しやすい
  2. 転職できなければ全額保証がある
  3. 未経験から利用しても、転職成功率は98%以上
  4. 転職保証は30代でも利用できる(30代利用者は24%
  5. 14日以内なら全額返金してくれる
無料コース 期間内に課題を完了し、IT企業に就職できなれば受講料は無料になる
受講場所
  1. 渋谷校:東京都渋谷区道玄坂2丁目23-12 フォンティスビル7F
  2. 梅田校:大阪府大阪市北区中崎西2-4-43 山本ビル梅田5階
  3. 名古屋校:愛知県名古屋市中村区則武1-9-19 協和名駅ビル6F

オンラインコースなら通学しなくて良いが、転職保証が付かない

無料カウンセリング 無料でカウンセリング(30分)が受けられます。

公式サイト:未経験のITエンジニア転職なら【TECH::EXPERT】

テックエキスパートは、高いレベルでスキルを習得できるスクールです。業界経験者でも利用している人がたくさんいます。

  1. 30代でも転職保証が付く、業界唯一のプログラミングスクール 
  2. 転職成功率は98%で、30代の利用者は全体の24%を占める
  3. 転職に失敗すると受講料(3ヶ月45万円)が全額返金される
  4. WEBサービスの開発、チームでシステム開発など実践的なスキルが習得できる
  5. 夜間も対応しているため、社会人でも利用できる
  6. 都内の渋谷校以外にも、大阪と名古屋にスクールがある

転職に失敗すると全額返金があるため、少ないリスクで挑戦できますね。卒業生はレベルの高いオリジナルアプリを製作するので、優良企業からも内定を得やすいです。プログラミング未経験でユニークなアプリを製作し、チームラボから内定を得た人もいます。

評価:【テックエキスパート】悪い評価|30代でも転職保証が付くスクール

3位:マンツーマンで受講できる「コードキャンプ」

人気コース Webマスターコース
受講後のスキル PHPを用いて簡単なWEBサイトをひとりで制作できるレベル。製作したアプリを武器をIT企業へアピールできる。
学べる技術
  1. デザインの装飾(HTML/CSS)
  2. 動的なサイト制作技術(JavaScriptjQuery)
  3. WEBサイト制作(PHP/MySQL)
  4. アマゾンや楽天のようなオリジナルのECサイトの制作
授業形式
  1. 現役エンジニアの個人レッスンが受けられる
  2. 個人レッスン以外は自己学習(教科書、課題)で進める
  3. カリキュラムごとに課題を提出する
  4. ソースコードの添削はいつでも可能
利用対象者
  1. WEBエンジニアを目指したい人
  2. 完全オンライン制のため社会人、学生、地方在住者
  3. 現役講師からマンツーマンレッスンを受けたい人
  4. プログラミングを無料で習得したい20代
費用
  1. 2ヶ月:148,000円
  2. 4ヶ月:248,000円
  3. 6ヶ月:298,000円
デメリット
  1. 講師はレッスン毎に予約、同じ講師を指名できない
  2. カリキュラム重視で基礎的なスキルが中心
  3. スケジュール管理、自制心がないと難しい(延長料金が発生
  4. 無料スクールの対象は20代のみ
メリット
  1. 短期間(2〜4ヶ月)でWebエンジニアに転向できる
  2. 完全オンライン制なので、仕事が忙しい社会人、地方在住者も利用できる
  3. 現役講師からマンツーマンのプライベートレッスンが受けられる
  4. IT企業に就職を決めると、レッスンが全額無料になる
無料コース 「エンジニア転向コース」:2ヶ月のレッスン後にIT企業に就職を決めると、授業料の20万円が全額返金されるただし、応募資格は20代のみ(月額6,600円から利用できる)。
受講場所 オンライン対応のため自宅から可能(全国、海外対応)
無料体験 今なら無料で40分の体験レッスンが受講できる

公式サイト:現役エンジニアのオンライン家庭教師【CodeCamp】

コードキャンプの最大の特徴は、マンツーマンで質の高いレッスンを受けられる事です。また、オンラインで利用でき自分のペースで進められるため、会社員でも利用しやすいですね。

無料コースの利用者は20代だけだが、2ヶ月でPHPを習得しIT企業へ就職できます。

  1. 短期間でスキルを習得でき、3ヶ月でオリジナルアプリを製作できる
  2. アプリやWEBサイトのURLを履歴書に貼り、優良企業にアピールできる
  3. 現役講師から、質が高いプライベートレッスンを受けられる
  4. 本業が忙しくても、仕事とスクールを両立できる
  5. オンライン制のため、地方や海外からでも利用できる
  6. エンジニア転向コースを利用すると、授業料が無料になる

オンラインで利用できるので、地方や海外在住者も利用できます。

参考:【コードキャンプ】デメリットや評価|費用、無料転職支援の条件

▼▼退職後の転職活動は絶対に辞めましょう▼▼

IT業界で働いていると、次の就職先を決める前に会社を辞める人が少なくありません。毎日のスケジュールや納期に追われ、将来を考えるのが億劫になり、衝動的に逃げ出したくなるからです。

離職期間がある転職は、100%の確率でブラックに入社します。私は突発的に会社を辞めてしまい、次の職場が見つかるまで6ヶ月間の無職生活を経験しました。その後の就職先もブラックで、再び苦しめられました。

だからこそ、内定を獲得する前の退職は絶対にお勧めできません。

ブラックに就職する理由は...
  1. 働いていない期間は、企業から見たらマイナス要素しかない
  2. 問題がある人材と見なされ、ブラック以外で書類選考を通過できない
  3. 足元を見られるため、3年以上の経験でも1年目と同じ給与条件で掲示される
  4. 離職期間中の資格取得、スキルアップは一切評価されない
  5. 生活費を切り崩して生活するため、精神的に不安定になる

在職していれば、条件が良い企業から内定を得られなければ、転職しない選択肢をいつでも取れます。必要なスキルを習得して、1年後に再び就職活動に臨む事もできますね。

離職すると時間的な制限が生じます。離職期間が延びるほど、金銭面でも条件面でも不利になるので、事前にブラックだとわかっても就職せざる負えません。優良企業や普通のIT企業は、離職期間がある人材は書類選考で落とします

まとめ:自社開発向けにお勧めのスクールは?

スクールを利用すべき理由は...
  1. 自社開発系は、最低でもIT基礎スキルがないと就職できない
  2. アプリやソースコードなど、具体的な成果物を求める企業が増えている
  3. スクールの提携先は、WEB系の自社開発が多く就職しやすい

自社開発に就職したいなら、私たちはスクールを利用するべきですね。なぜならば、スクールではオリジナルアプリを製作し、それを武器に優良企業にアピールできるからです。自社開発が多いWEB系は、独自の成果物やソースコードの開示を求める企業が増えていますね。

そのため、具体的な成果物なしに就職活動しても、内定を得るのは難しいです。スクールを利用すれば、オリジナルアプリ製作のサポートまでしてくれます。

ただし、私たちは利用する上で注意が必要です。なぜならば、スクールを利用したからと、客先常駐を避けられる保証はないからです。無料スクールを利用しても、ブラックに入社する人が多いのも事実です

SEのような専門職で確実にブラックを避けるには、私たちは高いスキルを習得する必要があります。

1日でも早く行動に移した方が良い理由

現在IT業界は、書類を送付すれば誰でも選考を突破できるほど景気が良い時期です。DODAによると、IT業界の転職倍率は6.79倍を超えます。業界全体の倍率は2.49倍なので、他業種の3倍も求人が余っています

参考:転職求人倍率レポート(2018年4月)

しかしながら、この状況が続くのは長くても2019年までと言われています。その理由は、8年周期で発生する不景気が引き金になり、再び金融危機が発生するからです。

金融危機の影響で2008年10月28日に6,994円を付けた株価は、2018年12月に最高値の24,270円まで回復しました。現在は一時19,155円(12月25日)まで落ち込みましたね。

アメリカと中国の緊張が高まり、年明けからはいつ米ダウ平均が暴落してもおかしくない状況が続いています。アップル株はiPhoneの販売不振で一時大暴落(232→142ドル)しました。

再び金融危機が発生すると、求人倍率は1倍を下回ります。落ちるときは、徐々に落ちるのではなく2〜3ヶ月の間で急激に落ちますね。そうなると、2008年の金融危機と同じ事が再び起こりますね。

有効求人倍率が1倍を下回ると...
  1. 求人数が激減し、転職したくてもできない
  2. 社内開発ができる良案件は、優秀なSEだけが獲得できる
  3. プロジェクトの延期や縮小が相次ぎ、労働者が市場に溢れる
  4. スキルがない人材は、リストラや派遣切りにあう
  5. 人員削減で少ない作業者で現場を回すため、労働時間が増える
  6. 転職の機会を失い、次の5年間も同じ会社で働く
  7. 人件費が安い外国人を採用する企業が増え、海外でシステムを開発する
  8. クライアント先には、中国人、インド人、ベトナム人、フィリピン人が増える
  9. 日本人SEは、国内で開発経験を積めない

業界が深刻な人材不足に陥っているいま現在は、確実に好条件で転職できる時期です。この時期を逃したら、優秀なSE以外は転職したくてもできなくなります。

2019年度までに内定を獲得するためにも、いますぐに行動に移す必要があります。労働条件が良い企業ほど、すぐに応募枠が埋まります。

転職活動で必要なもの

転職活動を開始するに当たって、私たちが必要な準備は何もありませんまた、私たちは全てのサービスを無料で利用できます。途中で就職を辞退しても、罰金なども一切ありません。

履歴書や職務経歴書の準備は、キャリアコンサルタントと面談し転職の意思を固めた後で必要になります。面談することで進みたい方向性が決まり、その段階で具体的な準備を始めた方が手戻りが少ないですね。

社内SE転職ナビを利用すると、確実に客先常駐から脱出できます社内SEと社内開発の案件だけを扱うのは、社内SE転職ナビだけの特徴です。

登録から面談までの流れ
  1. 公式サイトから会員登録する(氏名や住所など1分程度)
  2. 担当者からメールか電話があり、面談日を指定する(平日夜や週末可)
  3. 40分のキャリア面談は電話でも対応してる(面談場所は千代田区の麹町駅)

キャリア面談後には、希望する条件の企業を20社紹介してくれます。紹介される案件の応募条件をじっくりと読むと、好条件の案件が多くて驚きます。

もちろん、働きたい企業がなければ、無理に応募する必要はありません売り手市場の現在は、私たちSEが企業を選ぶ立場にありますね。

キャリア面談は、私たちに新しい出会いの場を提供してくれます。就職活動を始める事で、たくさんの企業と出会う機会がありますね。また、転職活動は私たちの内面と向き合い、本当にやりたい仕事を見出すためでもあります。

そして、新しい人生の再スタート切る事ができますね。

私は客先常駐を辞めて、新しい道を歩み始めた事で、大きく生涯収入を増やすことに成功しました。そして、夢だった海外就職も実現できました。単なるキャリアチェンジと考えるのではなく、人生を大きく変えるための最初の一歩と考えましょう

このまま客先常駐を続けても、状況が良くなることは絶対にありません。なぜならば、今後付加価値が低い仕事は、外国人か人工知能に代替されるからです。

常駐SEを続けていると、1年の昇給額は10万円にも満たないですね。昇給がある普通の企業に就職すると、賞与も含めて1年間で30〜50万円の昇給があります。5年経過すると、200万円(300→500万円)の年収格差が生まれます。

10年経過すれば、生涯収入は2000万円ですね。

今は景気が良い時期なので、好条件で転職しやすい時期です。将来動く予定があるならば、景気が上向いている今行動した方が良いですね2019年以降では、手遅れになる可能性の方が高いです。

登録に必要な項目は少ないので、通勤中にスマホからでも簡単に面談を予約できます。

会員登録と面談の日程調整、それから面談が完了するまでの工程は、全部で1時間も掛かりません後からキャンセルもできるので、今のうちに登録だけでも済ませましょう。

公式サイト:IT・Web業界での転職なら【レバテックキャリア】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です